なもせいのブログ

星占いや英会話、日頃の生活で役に立つ情報を書いてます。

料理レシピ

黒ゴマ料理レシピ!美肌になり肝臓の働きを良くし便秘や白髪を解消する

2017/09/18

Pocket

 

黒ゴマは中国では古くから、生命力を高め、全身を若返らせる「仙人食(せんにんしょく)」として珍重(ちんちょう)されてきました。

その効果は、めまいや耳鳴り、ひざ痛、腰痛といった不快症状に対してだけでなく、精力減退、肌荒れ、白髪など、多岐にわたります。

そこで、黒ゴマを利用した、おいしく栄養満点の料理をこ紹介します。

酒の肴やおやつに黒ゴマ料理を食べ、病気退治に、美肌づくりに、絶大な効果が得られるでしよう。

スポンサーリンク

黒ゴマ料理レシピについてはこちらもご覧ください

 

鳥のから揚げ黒ゴマ風

<材料>4人分

・鶏手羽・・・・150g

・塩・・・・・・小さじ1/2

・黒ゴマ・・・・大さじ4

・からし・・・・大さじ3(大さじ2のお湯でとく)

・卵・・・・・・1個

・片栗粉・・・・大さじ2

・揚げ油・・・・適量

 

鳥のから揚げ黒ゴマ風の作り方

1.鶏手羽に塩をふって下味をつけ、黒ゴマはコップの底で荒ずりしておく。

2.ボウルに溶きカラシを入れ、溶いた卵を少しずつ加えまぜ合わせる。

3.2.に片栗粉と荒ずりした黒ゴマを加え、だまにならないようにまぜる。

4.天ぶら鍋を熱し揚げ油を入れ、3.のころもをつけた鶏手羽を中火で揚げる。

スポンサーリンク

 

沖国では昔から

黒ゴマはいわゆる五臓(ごぞう)を潤し英気を養う、滋養、健脳、不老長寿の食品として重宝されてきました。

 

鶏肉にもまた滋養作用があるため、この二つを組み合わせることで、食欲不振、胃腸病、疲労などに抜群の威力を発揮します。

また鶏肉のたんぱく質が腸内で腐敗発酵(ふはいはっこう)するのを防ぐのが、殺菌効果のあるカラシです。

現在、大腸ガンが急増しているのも、腸内での異常発酵が原因だといわれています。

動物性たんぱく質をとるような場合は、このようにゴマの風昧や甘さで辛さを抑える工夫をしながら、カラシをたっぷりとることが大切です。

黒ゴマの効果についてはこちらもご覧ください

 

 

里芋の黒ゴマ和え

<材料>4人分

・里芋・・・・・小14~15個

・黒ごま・・・・大さじ3

・だし汁・・・・大さじ3

・しょうゆ・・・大さじ1~2

・みりん・・・・大さじ1

・砂糖・・・・・大さじ1

・水溶き片栗粉・少々

・塩・酢・・・・少々

 

里芋の黒ゴマ和えの作り方

1.黒ゴマを炒り、すり鉢で油がしみ出てくるまでしっかりする。

2.1.にだし汁、しようゆ、みりん、砂糖を入れてはくまぜ、昧を調える。

3.2.を鍋に移し、大にかけて温め、水溶き片栗粉でとろみをつける。

4.里芋は皮をむいて、塩と酢少々を入れた湯で3~4分ゆで、ぬめりを取る。さらに新しい氷に変えて里芋に完全に火が通るまで煮る。

5.器に里芋を盛り、3.のゴマあんをかける。

スポンサーリンク

 

肝臓によいものは全身によい、とよくいわれます。

黒ゴマは

肝臓の働きを強化し

全身の解毒作用を高めて

体の中の毒素を吐き出そうとするため

便が排出されやすくなります。

 

食物繊維たっぶりの里芋もまた便秘に効果があり、整腸作用はさらに高まります。

ただし、中国の伝続医学では、里芋は香辛料の一種と考えられているため、とりすぎると肝臓に負担をかけることになります。

その意味でも、肝臓に働きかける黒ゴマを里芋と一緒にとるのは、理にかなったバランスのよい食べ方といえます。

スポンサーリンク
 

-料理レシピ
-, , , , , , , , ,