寄せ鍋とは楽しみ鍋!寄せ鍋の具材や味付け・作り方から食べ方とは

Pocket

なぜ「寄せ鍋」というか知っていますか?

別名を“楽しみ鍋”ともいう関東の料理がよせ鍋です。

今回は、寄せ鍋の意味由来!寄せ鍋の具材や味付け・作り方から食べ方についてお話しします。

スポンサーリンク

盛んになったのは明治の中頃からで、いろいろな材料が寄せ集められているところから、この名前になりました。

また、寄せ鍋は関西の魚すきに対抗する関東の鍋とも考えられています。

材料を適当に入れて食べねばいいじゃないかと思うが、これが違うのです!

寄せ鍋の味付けは?

関東の鍋の場合、だし汁の決め手になるのが鰹節です。

鰹だしを主体にして醤油や酒、塩などで味付けをしていきます。

以外なのですが本来、近頃の鍋に見られるような昆布は使いません。

昆布はむしろ関西風なのです。

私はどちらかというと昆布などでだし汁をとった方が好きですね。

ここは地域で違うのでお好みに応じて昆布だしをとるか、とらないかで良いと思います。

だし汁は、すきやきと同じように割り下とよばれます。

寄せ鍋の材料

材料になにを組み合わせるかで鍋の味も違ってくるが、お互いがケンカしないように選びます。

東京の『よし梅』では

カキ、合鴨、ブリ、エビ、ホタテ貝、シイタケ、自菜、ネギ、春菊、豆腐などを合わせています。

ここでも地域でとれる魚介や山菜・野菜など加えると良いでしょうね。

スポンサーリンク

寄せ鍋の作り方・食べ方とは

寄せ鍋の作り方は、一度に材料を放り込んで煮込むのでなく、食べるぶんだけ入れていくのです。

これがよせ鍋をおいしく食べる方法です。

ネギを最初に入れ、白菜、シイタケを入れ、ブリ、合鴨などを加えていきます。

カキの生臭みは材料に影響するので、最後に入れます。

新鮮な材料を選ぶことはいうまでもありません。

鍋の中に入れたネギの周囲に細かい泡が立つようなら、新しい証拠です。

ほどよく煮立ったら割り下と一緒にいただいて、そのつど食べ切ってしまいます。

鍋の中が空になったら割り下を足して、また材料を改めて入れます。

これが正しく、おいしいよせ鍋のいただき方です。

店ならではのぜいたくな材料。栄養のバランスも満点です。

スポンサーリンク

シェアお願いします!

フォローお願いします!